たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  その他 その他


2018年09月10日

地震の本震ではなく余震をAIで予測しようとする試み

アメリカのグーグルが本震ではなく、地震が起きた後の余震を人工知能のAIを使って予測しようと研究しているのだそうで、大きな地震飲むとの復興作業の際に妨げとなる余震を正確に予測する事で、復興に向けた作業を後押ししようとする試みなのだそうです。

研究チームはこれまで世界中で発生した代表的な地震の100件以上データを収集し、AIに余震の発生場所を深層学習させ、楊枝の発生するパターンを解析するアルゴリズムを導き出しているそうです。

罠完璧とはいかないわ、ある程度予測することに成功しているようで、余震の危険が予測されるようなケースでは、あらかじめ避難通知を行うことで、二次災害をできるだけ防ごうとしています。

まだAIによって予測できなかった不規則な余震もあるようですが、機械的に学習させることによってより精度を高め、もしかして本震を予測する何かのヒントを見つけることができるかもしれません。
  


  • Posted by pitch3cs  at 09:09

    2015年03月28日

    高速道路で横転しかけたトラックを象が支える

    象とトラック

    アメリカのルイジアナ州の出来事のだそうで、高速道路で横転しかけたトラックを象が支えるという出来事がニュース等で紹介されていました。

    雨によって地盤が緩んでしまった路肩に18輪トラックがはまってしまって横転しかけているところを、2頭の象が一生懸命支えていたということです。

    実はこのトラックは三頭の象を乗せサーカスに向かう途中だったようですが、トラックが横転しかけたために、調教師によって、トラックを支えるように誘導されたそうです。


    トラックが横転しそうだという急場をしのぐために、たまたま乗り合わせていたサーカスに所属していた象だったからこそ、対応できたのかもしれません。

    そして象でなくて他の動物だったら難しかったかもしれない出来事ですが、逆に言うとゾウが重たかったので、横転しかけたということもあり得るかもしれません。
      


  • Posted by pitch3cs  at 13:19

    2015年03月04日

    イラクの国立博物館でメソポタミア文明の貴重な文化財が数多くが

    メソポタミア文明

    イラクの国立博物館ではメソポタミア文明の貴重な文化財が数多く展示されていたのですが、ラク戦争の混乱のなかで略奪される被害に遭ってしまいました。

    略奪された文化財の数は約1万5000点と多大な被害を受けたのですが、国際的な協力の中で約3分の1程の回収に成功したのだそうです。

    そして久しぶりにイラクの国立博物館では一般公開できるようになったのだそうで、今後多くの見学者が訪れることが期待されているようです。

    今後も略奪された貴重な文化財の回収を続けていくと思いますが、すべてを回収するのはかなり難しい事のかもしれません。

    治安が安定してくれば観光客を呼び戻す貴重なアイテムの一つになるであろうメソポタミア文明の文化財、二つとない貴重な存在のはずですから一つでも多く戻ってくることを望むばかりです。
      


  • Posted by pitch3cs  at 13:43

    2015年02月21日

    日本では70年間感染が確認されなかったデング熱

    デング熱

    日本では70年間感染が確認されなかったのですが、相次いでデング熱の感染者が報告されたことから、対策が行われるそうです。

    これまでですと感染の疑いのある場合には、患者の血液を国立感染症研究所に送って調査する体制だったのですが、今後は各自冶体で検査できるようになるのだそうです。

    地域の地方衛生研究所に検査キットが導入されることになっており、今後は各自治体ごとに4時間程度でデング熱かどうか調査できるようになるのだそうです。

    地球温暖化の影響によってデング熱の媒体となる地域も日本で徐々に広がることも予想されていますので、今後はより注意しなければならないことでしょう。

    デング熱の流行している国に海外旅行等で出かけて日本に帰ってきてから発病するケースがほとんどだと思われますが、早期に検査できるようになれば、流行を押さえ込む可能性が高くなるはずです。
      


  • Posted by pitch3cs  at 13:32

    2014年12月21日

    世界の平均気温はこの120年あまりの中で史上二番目に高かった

    世界の平均気温

    2013年の世界の平均気温はこの120年あまりの中で史上二番目に高かったのだそうで、最近心配されている地球温暖化の現象が、数字的にも見てとれるようですね。

    日本でも統計を取り始めて最高気温となった41度を記録しており、世界中の様々な国で同じようにこれまで以上の高い気温を計測したようです。

    今後もこの現象が続くと考えられており、世界的な規模の異常気象や台風の大型化も心配されていますが、今ここで何か対策をしなければいけないのは皆わかっているのです。

    ですが、温暖化現生の原因とされることは、人間の経済活動と密接になっているので、これを減速させることができず満足な対策ができていないのでしょう。

    もしも科学技術が発展して、地球の温暖化の原因となる現象を抑制するようなことができるようになれば、それが理想なのですが、まだまだ難しいのかもしれません。  


  • Posted by pitch3cs  at 14:46